マンションの売却で工夫したこと

誠意が伝わって買い手との交渉成立

そこで不動産屋にお願いしたのは、買い手が現れて、買うときにいくらか値を下げてもらえないかと言うのは良くあることだが、売主は価格交渉は一切しないとということを貫いて欲しいということでした。
あらかじめ値引きがあることを見込んで値付けするのは嫌であり、そうすることが売主としての誠意でもあると思ったのです。
全てのリフォーム工事が終わるころに、買い手が現れ、中を点検して、とても気に入ってもらえたという情報が入りました。
他の同じような物件を意識して、使い勝手や心地よい暮らしということを意識していましたから、いくつか同じような物件を見た人であれば、きっと気に入るという確信を持っていました。
ところが、不動産屋が買いたい人は少し勉強してもらえないかと言っていると言ってきたのです。
この時はきっぱり断りました。
はじめから応じないと言っていたはずだと言ったのでした。
幸いにして、その人がそれでもいいということで、交渉は成立しました。
誠意が伝わったという気がしました。
その後、何かにつけて買主とおつきあいもあるので、本当に良かったと思っています。

別の物件に移るためマンションの売却を考えていた全体をリフォームしてから売却することに誠意が伝わって買い手との交渉成立勉強しながら始めてマンションを売却した